読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音の中の空間

邦楽の記事を配信しています

音楽を志すきっかけはGLAYだった

 

 

私の音楽発動の原点はGLAYでした。

歌番組を観て、ギターソロになるとアップで映るギタリストがとてもとても格好良く見えました。

「こんな風に楽器を弾いてみたい…」

そう思ってベースを買いました(何でやねん!!!!!)

 

違うんです、確かにギタリストを格好良いと思ったのですが、GLAYで一番好きだったのでベーシストのJIROだったんですよ。

 

そして本人と同じ色、同じ形のベース(グレードは遥か下)を買い弾いてみると

ちゃんとした音が出ねぇ!!!!!(当然)

そんな訳ですぐ飽きて辞めてしまったのですが、数年後、他に趣味も無く暇だったのでちゃんとバンドやってみようかなと再びベースに手を出しました。

 

色々なバンドのコピーをしたし、オリジナル曲も演奏しました。

今では一人でもパソコンで曲を作りネットに投稿出来るようになりました。

演奏するだけではなくレコーディングやミックスやマスタリングもやるようになりました。

 

そのきっかけをくれたGLAYには今も頭が上がりません。

2017年4月よりMBS/TBSドラマイズム枠にて放送開始となる新作TVドラマファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の主題歌を、そのGLAYが担当する事になりました!!!
今から楽しみで仕方ありません!

一ヶ月更新できなかった理由

お久しぶりです。

ネット回線の切り替えに思った以上に時間がかかり更新が滞っていました。

 

またこれから気になったニュース、アーティストの事を書いていこうと思います!

 

最近気になったニュースは「ピコ太郎、ついにジャスティンビーバーと対面!!

でした。

ACIDMANの中毒性

今日は私の大好きなACIDMANについて書きたいと思います。

 

ACIDMANは高校時代より4人組で活動を開始。大学受験で一時活動を休止したものの進学し復活。1999年にボーカルが脱退し、現在の編成で下北沢、渋谷を中心にライブを展開。2002年、1stアルバム「」でメジャーデビュー以降、精力的なライブ活動と独特の楽曲で人気を得る。

 

私が最初に彼等を知ったのは「創」を聴いた時でした。最初の印象は「何か気持ち悪い」という悪い印象だったのです。それまでV系とパンクしか聴いていなかった私にはあの独特のコード感が最初理解出来なかったのです。それでも何かと縁があって次々とアルバムが出ては耳に入る環境だったので、段々慣れてきました。それどころか、むしろ心地良くなっていました。

4thアルバム「and world」が発売された時、ここで一つの完成形を見たように感じました。それ程あのアルバムは素晴らしかったです。

以降のアルバムではポップ寄りだったりパンク寄りだったりアコースティックだったり色々試みてるような印象を持ちましたが、8thアルバム「ALMA」で再び完成形を見たように感じました。しかも以前感じた完成形より遥かに大きく、遥かに芸術的に進化していました。

 

現在もまだまだACIDMANの進化は止まりません。この先どんな楽曲を世界観を届けてくれるのか、楽しみです!

広告を非表示にする

2016年のベストニュース

皆様新年明けましておめでとうございます!!

今年もJ-POP君を宜しくお願い致します!

 

さて新年になりましたが、あえて去年のJ-POP界の中で一番のニュースを書きたいと思います。

もう、何と言ってもTHE YELLOW MONKEYの復活!!!

これに尽きます。

 

もう、絶対無いだろうと個人的に思ってたんですよ。

それが年明けと共に復活ツアー開催のニュースが。

何日も間違いじゃないかと疑ったものです(すいません)

 

そして国内大型フェスにも精力的に出演、10月にはドラマタイアップにもなったシングル「砂の塔」も発売されました。

そのまま年末の音楽番組にも立て続けに出演、完全復活を果たしてくれたのです。

 

ほんの数年前に10代にイエモンって言うと「え、お茶?」って返されて悲しくなったのも、良い思いでに変わりました。笑

 

1997年のフジロックでのライブが解散理由の一つだと公言されていますが、今年も精力的にライブ、新曲の発表をしてくれたらと切に願っています!!

11年振りの快挙!!西野カナレコード大賞で大賞に

年末の恒例の一つ、「輝く!日本レコード大賞」。今年の大賞は西野カナさんが「あなたの好きなところ」で初受賞となった。

女性ソロアーティストとしては2005年の倖田來未さん以来11年振りの快挙だそうです!!

今月5日には「第49回日本有線大賞」のグランプリとなる「日本有線大賞」も初受賞し、2冠となった。

 

最優秀アルバム賞には今年音楽を再開した宇多田ヒカルさんの「Fantome」が選ばれ、女性アーティストの活躍が目立つ一年となりましたね。

 

来年はJ-POP界がどうなっていくのか、楽しみで仕方ありません!!

あわよくば、もう少しCDが売れてくれると良いなと願っています

UVERworld、宙吊り?社長からのプレゼント

人気ロックバンドUVERworldが毎年恒例となるクリスマスライブを25日に開催した。

なんと気がつけばこのクリスマスライブも9連連続となったようだ(遠い目。。。)

 

恒例のドラムソロからライブは始まり、今年リリースしたシングル「WE ARE GO」、「エミュー」などを披露。「ALL ALONE」「7日目の決意」などプレミアムなセットリストでもファンを喜ばせた。     

 

終演かと思われたが矢先、なんと事務所の社長ピンクの全身タイツにアフロヘア姿で登場。高々と宙吊りにされ、恒例の“出し物”を披露した社長はニューシングルを来年2月1日に発売することをフライング発表。

ファンへの素敵なクリスマスプレゼントとなった。

 

ニューシングル「一滴の影響」、2017年2月1日リリース